アルプスは、ヨーロッパ中央部を東西に横切る一連の山脈で、日本では本州中央を横切るアルプスです。

グラン・コンバン山 (The Grand Combin)

グラン・コンバン山(The Grand Combin)

グランコンバン山は、スイス西部のペニンアルプス(スイス・イタリア国境、中部アルプスを構成するワリス・アルプス)の山です。標高4314メートル。


The Grand Combinアルプスの4000メートルを超える3つの山の一つで、1859年フランス人C・デビルらにより初登頂されました。


大規模な氷河山塊で覆われていますが、アルプスの高峰としては比較的登山が容易と言われ、登山者が多い山です。しかし、遭難も多く高い山特有の難しさがあります。


アルプスの急斜面は、スイス アルプスのスキーリゾートとして、多くのトップスキーヤーがスキーのために利用しています。デンマークの皇太子カップルなども訪れ、有名人に人気のリゾートです。






おおいなる アルプス

マッターホルン(Matterhorn)

マッターホルン(Matterhorn)

マッターホルンは、スイスとイタリアの国境にある、ヨーロッパアルプスの山です。標高は4478m。


Matterhorn

マッターホルンは1865年に初登頂された。これはアルプスの他の山々と比べれば新しい、これは、この山が霊峰であるということで、初期の登山家達が恐れたからであったようです。



後に、4つの斜面を全ての季節で、制覇されました。しかし、北壁の斜面である北壁ルートは、三大北壁(アイガー、グランド・ジョラスとマッターホルン)の一つに数えられる程、熟練者であっても困難なルートであるようです。





おおいなる アルプス


>>2010年4月一覧





RSS